Blog_Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 前掲「2ちゃんねる上で報告された裁判の様子」の私からの補足

<<   作成日時 : 2007/04/28 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日の初公判については既に2ちゃんねるの池内さんに関連するスレッド上で報告がされていました。またこのブログのコメント欄にも担当されてる弁護士さん本人から書き込みを頂いており、書かれている内容から顔さんからの依頼を受けた弁護士さんであることは間違いないと思っています。

・ID:LAIy1FZ1
・ID:O8UaDwjG
・ID:8wWQWyx/
・ID:vVZXgRSA「弁護人」

この4人が裁判のことに言及したコメント、それを書き込むに至った他の参加者からの質問だけに絞って拾い出してみたのが前のエントリです。私のほうで途中の改行位置を変えてしまったものがありますがお許し下さい。また全てを拾いだしておりません。裁判に関係ない話はスルーさせて頂きました。


それと転載にあたって、私の受けた印象と違う部分をお断りしておきたいと思います。私もその場にいましたので、私からの補足的な意見として。
2ちゃんねる上で同時に私も参加していれば、そちらで書き込めたのですが、今となっては自分のブログに書かせて頂くことお許し頂きたいと思います。


> ID:LAIy1FZ1さん

大混乱というほどではないと私は思ってます。初めて傍聴した私が他と比較することはできませんが、裁判というものは「会議」の一種であって、検察・弁護側、それに最終的に決裁する裁判官がいる会議のようなものなんだと思いました。

会議には、あれくらいの予期せぬ出来事はつきものです。私がいま関わってる会社でも、実際に経営トップの判断を求めるような会議の場で、あまりにもいい加減な提案書を出したら、そりゃ怒られます。
しっかり調べてから持ってこいと私だって何度怒られたことか・・・。

混乱したのではなくて、裁判という会議手続きが或る程度は正常に機能したに過ぎないと私は感じています。


> ID:O8UaDwjGさん

呆れてたのかなあ、私はそう見えませんでした。私には驚いているように見えました。呆れたかどうかは分りませんが、驚いていたのは確かだと思います。関心を強くするような驚き方だったかと。そういう意味で面白がっていたように見えるかも知れませんね。

あと弁護士さんが私のブログのコメント欄に書き込みされてる件、法廷において弁護人が主張した内容と食い違いがないと分る方でないと、それは「Kの弁護士」さんが書き込んでいると言い切れないと思います。つまり法廷で傍聴されてたお一人であることが窺えるのですが、ただ最後の一言が折角書き込まれた内容を全ておジャンにしています。こんな受け止め方をする人が「呆れてた」と評価されても、何か別の意図があるのではないかと思われてしまいますよ。


> ID:8wWQWyx/さん

「否認」じゃなく「不同意」と弁護人は発言されてました。「否認」という言葉は、裁判官と弁護人のやり取りの中で、どっかで使われていたような気がします。

概ね私の見た印象と違いはないと思うのですが、一点だけ。863で書かれた「実刑覚悟」ですが、これは違うでしょう。面倒くさいから「会議」なんて適当でいいやと放り投げずに、お金を掛けてでも裁判をきちっとやって、真実を明らかにする覚悟だと思いますよ。


裁判の傍聴記録、私なりに別に纏めます。間違いがあってはいけないので、弁護士さんにもチェックして貰うつもりです。3連休がありますので、来週の火曜日以降に発表できると思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
青木さんのコメントに対する私なりの再コメントです

> ID:LAIy1FZ1さん
 確かに大混乱ということではないと思います
 そもそも基本方針は事前に裁判所にも検察官にも伝えてありますし,
 事前に伝えたのと多少異なった部分はありましたが,混乱するほど
 変わっていないですよ

> ID:O8UaDwjGさん
 わたくし的には、裁判官は「呆れ」ても「驚いて」もいなかったという
 印象です。むしろ、「やっぱしね・・・」という感じかなぁ

> ID:8wWQWyx/さん
 実刑覚悟で争っているわけではないですよ
 むしろ、「顔さんを実刑にすることなどあってはならない」という
 立場です。抽象的で申し訳ないですが・・・
弁護人
2007/04/28 21:46
傍聴席に居た人たちは、そうでなかったのかも知れない。つまり自分達が驚いてしまったので法廷の中もそんな風に見えたのか知れないです。

裁判という世界は、私のような一般人に入り込めるものではありません。あくまでも柵の外側にいて傍聴することができるのみです。ただ裁判というものは市民が自由に傍聴できることが大事なのでしょうね。
裁判がきちんと機能してることを市民が見て実感すること。このことの重要性を感じさせてくれる初公判だったと思います。
青木裕一
2007/04/28 22:26
第1回公判お疲れ様でした。堂々と戦って無罪を勝ち取ってください。

そういえば、青木さんが論談に公開質問状を投稿してから、もうじき
1ヶ月が経ちますね。そちらの反応や状況なども知りたいものです。

2007/04/29 00:58
傍聴と言っても「事件の全てがわかる」訳ではなく
「裁判に不正がないか監視する」意味合いが強いですからね。
その点は結審した裁判で(非公開でなければ)証拠関係は開示しているから
そっちを見ろ、と言う事なんでしょう。
お疲れ様でした
2007/04/29 03:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
前掲「2ちゃんねる上で報告された裁判の様子」の私からの補足 Blog_Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる