Blog_Note

アクセスカウンタ

zoom RSS 1審判決に対する弁護人ならびに被告人からのコメント

<<   作成日時 : 2007/12/15 01:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

本日午前10時より東京地裁にて判決言い渡しの公判が開かれました。判決の内容は報道等により既にご存知かと思います。公判の直後、被告と被告弁護人は報道各社からコメントを求められておりましたが、正午前の時点で、司法記者クラブを通じ報道各社には以下の文面がFaxにて送られました。その一部は既に報じられているようですので、ここに全文を掲載します。

---以下(司法記者クラブ宛 2007年12月14日午前11時頃、発信)

1審判決に対する弁護人ならびに被告人からのコメント


弁護人

 2ちゃんねる等のインターネット上の掲示板はコミュニケーションの場であるという本質を無視した不当な判決である。
 ある書込の前提には、それ以前のやりとりがあり、その流れを前提にしない限り、その書込の意味内容は解釈できない。にも拘わらず、それ以前の流れを無視して、害意の告知であると認定した。
 弁護人からは、詳細に主張したにも拘わらず、裁判官は全く無視し、判決では検討も加えていない。極めて粗雑な判決と言わざるを得ない。法務省の出先機関(司法支援センター)に出向いていた裁判官の姿勢を問わざるを得ない。
 私人間のコミュニケーションの一員としての書込という私的な表現を不当に制約するものであり、表現の自由に対する萎縮効果も大きく、違憲の判決である。

 公訴して、弁護人の主張の正当性を改めて審理させたい。



被告人

 不当な判決であり、直ちに控訴したい。判決文がないので詳しいコメントは、現時点では差し控える。



---以上


公判で裁判官が読み上げた判決内容の全文は、被告弁護側にも渡されておりません。一刻も早く、裁判所は判決文の全てを被告側に渡すべきだと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
年の瀬という事で何かと忙しい事だと思いますが、判決内容の全文の公開はまだでしょうか?控訴したのは確かなんでしょうか?
宜しくお願いします。
ALPHA-NET
2007/12/29 17:58
昨年末に控訴申立てが行われています。

判決文についてはまだ入手できておりません。今月中には幾ら何でも入手できると思っていますが、いつ入手できるか、まだはっきりとしていないのが現状です。
青木裕一
2008/01/14 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
1審判決に対する弁護人ならびに被告人からのコメント Blog_Note/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる